α7 + utulens

やっぱり、この取り合わせは独特な良さがあります。
時々、赤っぽい色になるのも、フォーカスがいい加減なのも、暗くなるとブレまくるのも「らしさ」だと感じています。
せっかくのフルサイズなんだから解像感の高い写真を撮るのがスジなんでしょうが、このぐらいでいいやって気分です。f:id:jake1980:20180729163427j:plain

f:id:jake1980:20181019184320j:plain

f:id:jake1980:20181019184457j:plain

f:id:jake1980:20181019191634j:plain

f:id:jake1980:20181019192019j:plain

ホワイトバランス「電球色」の青さが、夏の夜に似合う

他の方のブログで、築地をかっこよく撮ってたのが印象的でした。

覚えてたのが、”ホワイトバランスを「電球色」にする”こと。

……それならすぐできる、マネしてみようと、やってみました。

 

f:id:jake1980:20180731232435j:plain

リコーGR、ホワイトバランス:電球色、エフェクト:ポジフィルム調。

この色!全体的に涼やかな青色。期待してたやつです。

 

f:id:jake1980:20180731232655j:plain

f:id:jake1980:20180731232708j:plain

 

何気ない景色でも、色味が変わることで雰囲気がぐっと変わりますね。

f:id:jake1980:20180731232744j:plain

赤い場面には似合わないようです。割と普通な感じ。

 

もうちょっと撮りためてみます。

α7 + utulens

gizmonのutulensを付けて写真を撮ってきました。

フジXマウント用のリンクですが、レンズのアダプタが違うだけです。レンズは同じです。

 

フルサイズなのに、画質が悪い写真が取れます。

不思議な取り合わせです。

f:id:jake1980:20180729230452j:plain

f:id:jake1980:20180729230514j:plain

本物の写ルンですと違って、ISO感度やシャッター速度は可変できるので、多少の明るさの違いは吸収できてるようです。

ISO800ぐらいに固定すると、だいたい同じ条件になりますが、屋内とかだととたんに厳しくなります。1/4secあたりは手ぶれ補正のないα7だと無理ゲーに近いです。

f:id:jake1980:20180729230730j:plain

f:id:jake1980:20180729230805j:plain

 

散歩として歩いてたので、ファインダーはほとんど覗かず、液晶画面を見ながら片手スナップになりました。

GRでついてしまったこのクセ、なかなかとれません。

フィルムカメラですごく困るのでなんとかしたいんですけどね。

 

やはりフィルムカメラで撮りまくって矯正するしかないか?

K-5はいいカメラ

久々にK-5を使いました。
チノン オート 28mmというあまり見かけないレンズをつけてますが、実にいい具合です。
JPG出力+リバーサルフィルムの設定にしてます。
この色が好きでペンタがやめられません。

f:id:jake1980:20180624161042j:plain

駅前で見つけた花。
20cmまで寄れるので、ちょっとしたマクロレンズとしても使えます。
それにしても濃ゆい色がいい。

 

f:id:jake1980:20180624163923j:plain

銀座の三越は、ところどころ撮影OKのスポットがある、ありがたい場所です。
1Fのガラスケースもその1つで、今は浴衣のマネキン。

フォーカスが甘いのは自分の腕のせいでしょう。
いい具合に雰囲気が出てると思います。
本当は店内、もっと明るいんですがね。

 

f:id:jake1980:20180624181541j:plain

デパートといえば福引、福引といえばガラガラ回す抽選器です。
ハンドルのところに製造元がさりげなく銘板として打たれてた。
浅草橋なんですねえ。
これは実際よりも明るく撮れてました。
雰囲気は出せてると思います。

 

いいカメラですよ、これ。