welcome back.

GRが修理から戻ってきました。
見積もりどおり、センサー部分の清掃と剥がれかけたグリップの修理で約1万2千円でした。
ファームウェア更新で設定が初期化されてたので、使いながら設定を合わせていきます。

f:id:jake1980:20190227233216j:plain

不満がないわけではありませんが、良いツールだと思います。
自分みたいに散歩しながら見たものを撮る人間には向いてます。

 

ない間は?スマホで撮ってました。
編集用ソフトのできが良いので、侮れない絵になります。

f:id:jake1980:20190225174126j:plain

 

RICOH GRを修理に出した

数ヶ月前から撮影した画像に黒っぽい点が映り込むようになっていました。
レンズ内にゴミが入ってしまったようです。
重い腰を上げて修理に出すことにしました。

  1. 問い合わせフォームで画像を添付して映り込みがゴミが入り込んでるものなのか見てもらった。
    →→1日ほどで返信、ゴミがついてるとのこと。
  2. リコーイメージングスクエア新宿へGRを持ち込んで、症状とメールを見せた。
    →→情報共有されており、先に問い合わせたメールも理解してくれてた。
  3. その場で簡易検査してもらい、預けてきた。
    →修理代:分解清掃だけなら1万2千円ぐらい。部品交換は別途連絡。
    →修理期間:2019/2/17にあずけて2019/3/1ごろ完了見込。

分解清掃だけで済ませたいですね。
部品交換まですると費用がかさむので、修理を諦めてしまおうかなと。

「等身大」

2/8〜2/10で、音旅という写真展を開催しています。

写真展 - 音旅 ototabi

 

来場者の方に言われてハッとした言葉が、等身大。

あなたが見たものを撮っているのですね、と。

 

自分が撮る写真を、どんな写真だ、と説明できなくて自信がなかったんですが、その表現にしっくりきました。

 

嬉しかったですね。

写真を見にきてくれること、写真から何かを感じ取ってくれたこと、言葉で表現してくれたことが。

f:id:jake1980:20190209202532j:image

 

 

α7 + utulens

やっぱり、この取り合わせは独特な良さがあります。
時々、赤っぽい色になるのも、フォーカスがいい加減なのも、暗くなるとブレまくるのも「らしさ」だと感じています。
せっかくのフルサイズなんだから解像感の高い写真を撮るのがスジなんでしょうが、このぐらいでいいやって気分です。f:id:jake1980:20180729163427j:plain

f:id:jake1980:20181019184320j:plain

f:id:jake1980:20181019184457j:plain

f:id:jake1980:20181019191634j:plain

f:id:jake1980:20181019192019j:plain